札幌市近郊のリフォームならEZO Rehomeへ。EZO ReHOMEは蝦夷工業株式会社のリフォーム事業部です。

EZO Re:homeコラム

HOME > EZO ReHOMEコラム「LDKのスタイル4タイプについて」

LDKのスタイル4タイプについて

  • LDKのスタイルはキッチンで決まる!

    リフォームのご要望はさまざまですが、女性のお客様が、特に気にかけられるのがキッチンです。
    使い勝手を重視するのか、スタイリッシュな外観を追求するか、家族とのコミュニケーションを優先するか…。
    リビング、ダイニングも含めたLDKは、暮らしの中核といっても良い重要なポイントになります。
    そこで今回は、LDKのスタイルを大まかに4つのタイプに分け、そのメリット・デメリットも含めてご説明いたします。

  • あこがれの完全オープン !

    「完全オープン」タイプのLDKの場合

    ダイニングに突き出す半島のようなキッチンのレイアウトです(ペニンシュラ型)。ワークトップ(キッチンの上面)がフラットで、リビングやダイニングから手元までよく見えます。壁や吊り戸棚もないのでキッチンの奥まで丸見えです。もっともスタイリッシュですがコストも一番かかるタイプだといえるでしょう。なお、壁からキッチンが独立するとアイランド型と呼ばれます。

    <メリット>
    ・とにかくかっこいい!
    ・家族とコミュニケーションしやすい
    <デメリット>
    ・価格が高い
    ・においや汚れがダイニング、リビングに移る

    雑誌のグラビアを飾るような洗練されたキッチンで、リビングやダイニングへの視界が大きく開けており、食事の支度中でもご家族とコミュニケーションを取ることができます。多くの人が憧れるキッチンですから、誰かにちょっと自慢したくなるタイプですね。
    反面、使い勝手はいまひとつです。
    天ぷらやフライを揚げると油がはねて、他の部屋まで汚れてしまうのでガラスパーテーションなどの設置をお薦めしています。また、においを遮るものもありませんから、三角コーナーに生ゴミをためることもできません。それに、キッチン家電も洗練されたデザインにしなければ、せっかくオシャレなキッチンにした意味がなくなります。ホームパーティなどを開くには素敵なスタイルですが、日常使いを考えるとこまめな片付けが苦にならない方向きです。

  • バランス重視のセミオープン!

    「セミオープン」タイプのLDKの場合

    キッチンがダイニングに向かっているのは、「完全オープン」タイプと同じ。ただし、吊り戸棚や壁で、お料理する手元やキッチンの奥も隠れます。最近の新築住宅では、非常にポピュラーなパターンです。
    キッチンのパネルは内側の人しか見ないので、さほど美しい仕上がりは求められません。その分、「完全オープン」より工費を抑えられるケースが多いようです。

    <メリット>
    ・ダイニングにいる人とコミュニケーションできる
    ・汚れが他の部屋に飛び散らない
    <デメリット>
    ・完全オープンのような開放感はない

    上下に壁や戸棚があるので、においや汚れをまき散らすことはありません。同時に、目の前は開けているので、家事をしながらご家族との会話を楽しんだり、リビングで遊んでいるお子様の様子を見られます。使い勝手とコミュニケーションのしやすさを、うまく両立させたパターンです。「クローズキッチン」タイプ(後述)の壁に穴を開けて、「セミオープン」タイプにリフォームするケースもあります。

  • 「壁向きダイニングキッチン」タイプのLDKの場合

    キッチンが壁に向かって作られています。リビング、ダイニングとの間に、壁や仕切りがなく、お部屋の一部になったようなキッチンです。

    <メリット>
    ・開放感がある。広く使える
    ・オシャレなデザインが可能

    ●デメリット
    ・キッチンの中が丸見え

    キッチンが丸見えですから、トビラやパネルは、インテリアに調和した色遣いなどを気にかけたいところです。見た目を重視するなら、布巾を干したりできませんし、ポットやコーヒーメーカーなどキッチン家電も、オシャレなものを置くことになります。

    仕切りがなく、開放感があり、お部屋全体を広く感じられるのが良いところです。ご家族が、キッチンに立ちやすくなるかもしれません。

  • 料理好きにはクローズキッチンも!

    「クローズキッチン」タイプのLDKの場合

    リビングやダイニングから、完全にキッチンが独立しています。隣のお部屋で家族がくつろいでいても、このキッチンでは会話はできません。

    <メリット>
    ・キッチンを自分だけの世界にできる
    <デメリット>
    ・家族とコミュニケーションしづらい

    前述の通り、コミュニケーションには難があります。代わりに、キッチンを自分好みで、比較的自由に使うことができます。多少汚して良いかもしれませんし、ご家族に邪魔されず黙々と作業できるでしょう。最近の新築には1~3のようなオープンキッチンが多いのですが、お料理好きの方には、クローズキッチンもご検討いただきたいと思います。

  • ご自身のライフスタイルにキッチンを合わせる

    このように、お客様の暮らしによって、最適なLDKのスタイルも変わってきます。これを大まかに決めた上で、ほとんどの場合、既成のシステムキッチンを選びます。

    システムキッチンといっても、すべてが杓子定規に決まっているわけではありません。キッチンの高さは85cmが標準ですが、これは身長165cmの人が使いやすいサイズだといわれています。とはいえ、ユーザーの身長はさまざまですから、システムキッチンの高さも80/85/90cmと、選択肢が用意されています。吊り戸棚や各キャビネットのサイズなども、ある程度、柔軟に選べるのが普通です。

    用意されたものに自分が合わせるのではなく、自分が使いやすいよう部屋やキッチンを変えられるのが、リフォームの醍醐味。既存の間取りや設備を生かせば、コストを抑えつつ、理想に近いキッチンにできるかもしれません。一度、プロに相談してみてはいかがでしょうか?

- 関連サービス -

ページのトップへ戻る
お見積り・ご相談は

お電話でのお問合せは

011(866)0999

メールでのお問合せは

こちらから

お気軽に
お問合せ下さい